小顔になりたいならボトックス注射を受けよう|注意点をcheck

ボツリヌストキシンの種類

注射

メーカーごとの特徴

いまは美容医療のチカラを借りれば、大掛かりな手術なしでシワをなくして若返ることができる時代です。ボトックス注射は、そんなアンチエイジング美容医療の代表的な施術です。眉間や目じり、口元などにできる表情ジワを目立たなくする作用があり、簡単に肌にハリが復活します。ボトックス注射はほとんどの美容外科クリニックで採用されているほど普及しています。ただし、一口にボトックス注射といっても投与する「ボツリヌストキシン製剤」には、実は種類が沢山あります。アメリカ製の世界シェアナンバー1のボツリヌストキシン製剤は、アメリカの食品医薬品局によって認可されています。日本でも多くの美容外科クリニックで採用している、安全性が高いボツリヌストキシン製剤です。純度が高いので効果が比較的長く続き、6ヵ月くらいは持ちます。ただし、世界シェアナンバー1でも、クリニックの管理状態が悪いと純度が落ちます。使い回しではなく、一回ごとに使い切ってくれるクリニックなら安心です。施術料金の目安はしわ一ヶ所あたり2万円程度です。注射をする範囲が広いと施術料金が高くなるのが一般的です。アメリカ食品医薬品局だけではなく、日本の厚生労働省が認可しているボツリヌストキシン製剤もあります。目じりなどの表情じわ改善に特に効果があるボトックス注射です。厚生労働省のお墨付きだけあって、安全性はとても高いです。世界シェアナンバー1のボトックスと同じくらい純度が高く、しっかりと目じりのしわを消すことができます。効果が続く期間は3ヵ月ほどで、注射をして3日目くらいにしわが改善されているのに気づきます。このタイプのボトックス注射は品質は良いですが、施術料金が少し高めです。しわ一ヶ所あたりの施術料金は4万円ほどが相場です。リーズナブルな料金で出来るのが、ボツリヌストキシン製剤のジェネリック(後発医薬品)です。ジェネリックの製剤は、韓国の医薬品メーカーが製造・販売しています。先発医薬品のボトックス注射は2万円以上するのが普通ですが、ジェネリックなら1万円以下です。激安な施術料金でボトックスができると謳っている美容外科の多くが、ジェネリックを採用しています。ジェネリックだからといって効果がないわけではなく、しっかりしわが消せます。効果はだいたい3ヵ月程度で、先発医薬品と同じ程度持ちます。ただジェネリックにも沢山の種類があるので、臨床試験で安全性がしっかり確認されている製剤を投与することが大切です。

Go to Top