小顔になりたいならボトックス注射を受けよう|注意点をcheck

ボトックス製剤の特徴

女性

しわ取りで必要なコスト

切開しないプチ整形でしわをなくすのにとても効果的なのがボトックス注射です。ボトックス注射は、神経を一時的に麻痺させるボツリヌストキシンを皮下に注射する施術です。これをすることで、一切顔に傷あとを残すことなく、痛みや出血なども最小限でしわがなくなります。ボトックス注入をするときにかかるコストは、ボトックス製剤の種類や注入する部位によって違います。ボトックス製剤には複数の種類があり、それぞれのクリニックで製剤ごとの料金を設定しているケースが多いです。目尻の小じわや眉間や額のしわを消すのに効果的なボトックス製剤は、国内産のボトックス製剤です。日本産ボトックス製剤は、厚生労働省の承認を受けているので安全です。持続期間が6ヵ月と長いうえに注射をするときの痛みも少ないことから、多くの美容整形系のクリニックで導入している製剤です。この国内産のボトックス製剤をしわに投与する施術は、リスクやダウンタイムなしでアンチエイジングを求める女性たちに需要があります。施術に必要な料金は、しわ一本あたりいくらと決めている場合と、一か所あたりいくらと決めている場合があります。しわ一本あたりであれば、3千円〜5千円程度の料金です。両目尻のしわをまとめてボトックス注射で改善すると3万円〜4万円前後かかります。「とりあえずボトックス注射の効果を確かめてみたい」というボトックス初心者には、しわ一本からの施術がお勧めです。最近安くできるボトックスとして人気が高まっているのが「コリアンボトックス」です。コリアンボトックスは、美容整形先進国である韓国の医薬品メーカー製のボトックス製剤です。国内産をはじめとして一般的なボトックス製剤と比較すると効果が弱い傾向がありますが、何よりも料金が安いのが魅力です。一回あたり1万円程度の料金で、両方の目尻のしわ解消ができます。ただし、しわ改善効果は3ヵ月程度でなくなるので、多少コストがかかることは覚悟しておいたほうがいいです。コリアンボトックスは、「数千円でボトックス注入ができる」と広告しているクリニックの多くで導入しています。このようにボトックス製剤には国内製や海外製があり、効果の大きさや持続期間、注射時の痛みなどが違います。初めてボトックス注射をするなら、製剤の特徴をよく理解することが大切です。クリニックで施術をする前にどんなボトックス製剤を導入しているのか、事前に確認することで安全にボトックス注射ができます。

Go to Top