小顔になりたいならボトックス注射を受けよう|注意点をcheck

気をつけたい事とは

注射器

注意点を守ろう

美容外科クリニックで、各種アンチエイジングケアを受ける女性の数が増えています。美しく見られる事、若々しさを指摘される事によって、女性は自信を取り戻せるものです。年齢を重ねるうちに、老化現象が至る所に現れるのは避けられません。老化現象の大半が、体の中で起きますので第三者に知られる可能性はないでしょう。ところがシワという形で顔に出た場合、より老けた印象というものを第三者に与えてしまいます。代表的なものはほうれい線ですが、眉間にシワが出来てしまゆうと、感情の起伏が激しい人であると思われるかもしれません。アンチエイジングケアの中で、シワの改善に高い効果が期待されているものがボトックス注射です。ボトックス(タンパク質の一種で、ボツリヌス菌が作り出したもの)をシワの周りに注射する事で、筋肉の働きを抑えます。その結果、シワが伸びて目立たなくなるのです。またボトックス注射は、フェイスラインをよりシャープなものにしたい女性の間でも、話題になっています。顔の大きさを指摘され、心が傷付けられたという経験をお持ちの方も、少なくありません。読モや女優のような、小顔になりたいと考えてはいたものの、それは幻想に過ぎないと諦めていたと言っても良いでしょう。ところがボトックスをエラ周囲に注射すると、憧れの小顔に近づける可能性があります。美容外科クリニックで行われている、アンチエイジングケアは費用が掛かるものと考えがちです。各美容整形クリニック、また部位によって異なるものの、ボトックス注射は費用が抑えられるという特徴があります。効果を持続させる為、何度もボトックス注射を打たなければなりませんが、中長期的な観点からすると、費用を抑えられる点は魅力的です。ボトックス注射を受ける際、気を付けておきたいのが副作用です。注射をした部位の痛みや炎症、かゆみが生じてしまう可能性も否定出来ません。また頭痛や瞼、眉毛の下垂といった症状を感じられる女性もいらっしゃいます。副作用と見られる症状が出た場合、至急医師や美容外科クリニックへご相談下さい。副作用と見られる症状の多くが、ボトックスを適量以上に注入した事による、効き過ぎが原因ではないかと考えられています。注入する量を調整すると、症状が改善するケースが殆どですから然程心配する必要はありません。注射後に強くこすったり、揉んだりする事は避けて下さい。施術を受けて約2週間程度経過した後、美容外科クリニックで効果が現れているか否かのチェックを、必ず受けるよう心掛けましょう。

Go to Top